緑の日々

小田さんとやまぴーと伊野尾クン たま〜に株の話。のつもりが只今脱線中。だからやっぱりこっちが本線。2016/9/29より毎日更新中。

キレイの魔法かけてもいい?

f:id:yunawakuwaku:20170314223923j:plain

こんばんは


ワタシは朝起きたらまずメイクをします。

やっぱりお化粧は大事です。薄化粧でいいんです。口紅だけでも随分印象は変わります。

家庭に入って外に出なくなった友人たちはいつもスッピンなんですよ。素顔でいるのは別にいいのだけど、それならキチンと手入れしてほしい。せめて髪型ぐらい整えてよー。

まぁ、ワタシは困らないのでそれでもいいんだけどね。言っても聞かないから仕方ない。

だからワタシは、厚化粧の人を見ても不快ではないです。むしろ、ちゃんとお化粧して凄いなーって思うんです。顔だけ白浮きして首との境目がクッキリわかるようなお化粧をしてる方を見かけますが、それでもキチンとお化粧してることが凄いんです。やり方がちょっと間違ってるけどそれは問題ではないです。

時の流れには逆らえないけれど、綺麗でいる努力は続けたいですよねー。

*****

綺麗繋がりで補正下着の話を少し。

もうずっと前から
「試着するだけでいいから来てね」と、近所のおばさまから補正下着の試着のお誘いを受けてたんですよ。

でね、(いい加減鬱陶しいので)意を決して試着に行ってきました。

それが、思ったより生地が伸びて苦しくなかったんですよ。「このメーカーは他のガッチガチの補正下着とは違うのよ!」と言うだけのことはある。

ところが、暫く着けて脱いだとき肩の辺りが赤くなってることに気付きました。微妙に脇の辺りも痛い…。

おばさまに言うと、「大丈夫大丈夫!その内慣れるから。」

は?慣れるとな?

それはダメだ。買わないよ。

という訳で補正下着の購入は断りました。

***

皮膚が赤くなるということは、そこに流れる血液の流れを悪くしているということですよね。慣れもあるでしょうが、それはやはりカラダにとって良くないことなので着たらダメですね。

おばさまはこの補正下着を毎日着けてると、腰痛予防にもなると言ってました。

コルセット代わりですか。そうですか。

それは有りかもしれませんね。背筋を伸ばすという意味でコルセット代わりになるかもしれません。

でもそうやってカラダを使わずにモノに頼ってばかりいたら逆にカラダを壊しそうですよね?

腰痛予防には、やはり、自然のコルセットである筋肉をつけるのが一番いいのでしょう?ねぇ。

結局、運動をして筋肉を鍛えたら自然とカラダは整うワケで。だから補正下着もコルセットもいらないんですよ。簡単な話だわ。

結論出ました(笑)

*****

◆今日のよかった

今日はね、元サヤでした。昨日の下げを元に戻しましたよ。期待の星クンがまたいつもの下降線を辿りつつあったので、1/2を処分するつもりでいましたが、いきなり上昇してきたので注文をキャンセルし様子をみる事にしました。

そういえば、来年?東証サウジアラビアの石油会社が上場するかもしれないのですね。アメリカアップル社をはるかに越える規模になるとのことで、もし上場すれば素人のワタシでも凄い事になるのではと想像出来ます。

今まさに、サウジご一行様がお越しになっていますね…。

上場すれば、暫くはお祭り騒ぎになるでしょうけど、その後が怖いですね…(苦笑)

*****

◆今日のカレンダー

『確信を持つこと いや確信を持っているかのように行動せよ。そうすれば次第に本物の確信が生まれてくる。』

フィンセント・ファン・ゴッホ 1853〜1890 オランダの画家


ゴッホは好きな女性とはうまくいかない人生を送ったのですね?周囲に反対されたり女性に嫌われたり。

37歳で亡くなりましたが、亡くなった原因は新説もありで…本当のところはどうなのでしょう…。

「病気と芸術との関係については、発作の合間には極めて冷静に制作していたことから、彼の芸術が「狂気」の所産であるとはいえないという意見が多い」(Wikipediaより)

ゴッホの人生を改めて読みましたが、壮絶ですね。
それでも、ゴッホの絵からは確かに狂気は感じられません。逆に優しさが溢れているような。

ゴッホのメッセージは…

何かを決めたら、出来ると信じて前進あるのみ。

かな?

わーーーい!侍ジャパン連勝ですよ。
チーム一丸となって次も次も必勝です。


冷たい雨になりました

体を温めて明日も頑張りましょう


では、また明日

おやすみなさい