緑の日々

小田さんとやまぴーと伊野尾クン たま〜に株の話。のつもりが只今脱線中。だからやっぱりこっちが本線。2016/9/29より毎日更新中。

死の意味付けなんて意味あるのか

f:id:yunawakuwaku:20170610223106j:plain

こんばんは


どんなに毎日正しく生きようとしていても

どんなに毎日お祈りをしていても

別れは突然やってくる

悔しいけれど




猫が死にました

交通事故でした

アタマ真っ白になって、気付いたら必死に心臓マッサージをしてる自分がいました。


先月4歳になったばかり


正直仕事やお金儲けのラッキーなんてどうでもよくて


命は奪わないでほしかったよ


本当は書かないでおこうと思っていたのですが、このブログにも何度か登場しているので書いています。


ここで思い出を書き連ねても哀しみが増えるだけなので書きません。


ただ、ただ、この4年間本当にありがとうね、という気持ちでいっぱいです。



前にも書きました。

こうやって突然やってくるんです、別れは。


だから


日々、大事にしてあげないといけないんです。
周りの人、もの、全て。


その時後悔しないように


恩師の死 知人の死 そして


歳を重ねる度に、別れの場面に立ち会うことが増えてきます。

あらゆるものと関わりを持って生きて行くのなら、これから先も何度となく別れがやってくるでしょうね。

そして、それがどんな別れでも、しっかり受け止めて前を向いて歩いて行かなければいけないのです。

死んだ意味なんて考えても仕方ない。
事実をきちんと受け止めるだけです。
今までの時間をありがとう、と感謝するだけです。



綺麗事も書きつつ

ここまでが限界

心はジェットコースター並にぐぅわんぐぅわん


明日は通常運転で書きます


では、また明日

おやすみなさい