緑の日々

小田さんとやまぴーと伊野尾クン たま〜に株の話。のつもりが只今脱線中。だからやっぱりこっちが本線。2016/9/29より毎日更新中。

伝える努力を惜しまず

こんばんは


今日は出たり入ったりの一日で持ち株を確認したのは取引終了後。


ん〜


上げた銘柄もあるけど本命が下げてるから話にならないなぁ。


そんな中

もう売却済みだけど前日比+4%でちょっとほっこりした銘柄がありました。


ミロク情報《9928》

終値 3,460円

前日比 +140円(+4.21%)


出来高は少ないけど頑張ってるなぁと思って。

過去2度ほど利益をもらって、今、売却せずに持っていたら軽く4倍になってます。

業績が良ければ、多少上下しても気にせず握っていたほうがいいかもですね。


現在の持ち株がどうかと言えば。


えー。


あるにはあるけど。


…。


*****


さて


そういえば、また中途半端に終わってた

和田裕美さんの『一言変えるだけで!もっと人に好かれる話し方』のレビュー。


前回どこまで書いたっけ〜と自分の過去記事を読もうとしたけどやっぱり読めなくて、だから本にはさんだ栞を頼りに書いてみます。


栞をはさんでいたのは193ページで、次のページをめくるとそこに書いてあったことは先日このブログで書いた電話の対応についてでした。

よく電話口で叱られるという相談に和田さんが答えているのですが、その答えは


ーーーーーー

【電話だからこそ、もっと大げさにしないとダメなんですよ。顔が見えないから伝わらないと思うのでなく、顔が見えないぶん、声に抑揚をつけて話そうとする努力がいるんです。】


【そして彼には、鏡を見ながら電話をすること、電話の前でもうなづくこと、相手に届く相づちを、まるで目の前に相手がいるように、いつもよりちょっと大きな声でするなど、意識してもらうようにしました。たったそれだけで彼の仕事は劇的に向上しました。】

(出典:「一言変えるだけで!もっと人に好かれる話し方」)

ーーーーーーー


電話って難しそうだけど、誠実に対応すれば少しぐらいとっちらかっても相手はわかってくれそうな気がします。

先日書いたことと同じことが書かれていて、電話の前でも頷くとか。


でも、電話で話をするときってそうなりますよ。

頷いたり踊ったり飛んだり跳ねたり。


でね、いきなりだけどこの本のあとがきにはこう書いてあります。


【好きな人に思いを伝えようとすることが本当は一番の話し方のトレーニングだと思います】


そこかい、と。

結局そこなんだねと。


かもしれないですね。


だってほら、好きな人に思いを伝えるのってめちゃくちゃ真剣になるでしょう。

そんなときって相手を思いやる気持ちに溢れていると思います。


そっか〜。

そこが言葉の出発点かも。


というわけで、締めになってないけどこの本はこれで閉じたいと思います。


7月もあと2日

明日も元気にいってらっしゃい


では、また明日

おやすみなさい