緑の日々

小田さんとやまぴーと伊野尾クン たま〜に株の話。のつもりが只今脱線中。だからやっぱりこっちが本線。2016/9/29より毎日更新中。

『ワタシのベイクドチーズケーキ』どうぞ召し上がれ

f:id:yunawakuwaku:20170505221359j:plain

こんばんは


今日も良いお天気でしたね。

ワタシはといえば、家に閉じ籠ってポチポチお仕事。皆が仕事を再開する頃、羽を伸ばします。


さて、

昨日、チーズケーキを作ったのでレシピを紹介したいと思います。

直径15cm丸型1個分の分量ですが、今回は18cmの型で焼きました。(底抜けタイプ)

ベイクドチーズケーキ

【材料】

フィラデルフィアクリームチーズ 200g
サワークリーム 100g
生クリーム 100ml
砂糖 60g
薄力粉 20g
卵 1個
レモン汁(お好みで。大1ぐらい?ワタシは入れませんが)

(ビスケット土台)

マリービスケット 70g
無塩バター 30g

【準備】

クリームチーズを冷蔵庫から出す
※オーブンを170度に余熱
※無塩バターをレンジで溶かす
※卵を卵黄と卵白に分ける

【作り方】

1.ビスケットを袋に入れて叩いて細かくする。溶かしバターと混ぜて型に敷き詰める。

2.クリームチーズをボウルに入れ、泡立て器で混ぜ砂糖半量、卵黄、生クリーム、サワークリームを加え滑らかに混ぜ薄力粉を投入。

3.ボウルに卵白を入れて泡立て残りの砂糖を投入、ホイップクリームみたいにつのが立つまで泡立てる。

4.2のボウルに3を入れて混ぜる。

5.型に生地を入れオーブンで約50分焼く。(ワタシのオーブンは50分かかります)

6.焼けたらさまし冷蔵庫で冷やす。



ほんとザックリなレシピ。

この分量で18cmの型で焼くと、出来上がりは薄くなりますが、チーズケーキが濃厚なので丁度いい感じです。

実は15cmの型の金具が壊れていたので急遽18cmで焼いたのです。15cmで焼けばお店で売ってるような高さのあるチーズケーキが焼けます。

チーズケーキなんて材料を混ぜて焼くだけなので一番簡単だと思います。それなりに美味しくできますよね。分量も適当で大丈夫そうだよ?

よくあるベイクドチーズケーキの作り方と違うところは、卵白を泡立てるところかな。普通は卵黄と卵白は分けないでしょ。この泡立てる作業は友人に教えてもらいました。

それから、薄力粉もダマにならないものを使っています。ふるわなくていいから楽。砂糖は料理にも使ってるきび砂糖です。

美味しいですよ。召し上がれ〜。

*****

◆今日のよかった

なんと、なんとです。

知人から手作りシフォンケーキを頂きました!
バナナシフォンですよー。

ワタシもシフォンケーキは作りますが、モカとアールグレイばかり。バナナは作ったことないから嬉しい。

美味しい〜〜ウマー。

今日はおやつがたくさん。

ありがとうね。

f:id:yunawakuwaku:20170505220659j:plain

◆今日のカレンダー

立夏

今日は二十四節気立夏

立夏とは・・・太陽の光熱いよいよ強く、夏の気立ちがのぼると言う意味で立夏という。


本格的な夏がやってきますね。

ワタシが好きな季節は何だろうと考えたけれど、…季節というより、好きな空間というか場面というか…


オレンジ色に染まる夏の夕暮れに背を向けて歩いているとき

晴れていたのに急に空が暗くなってどしゃ降りの雨が降ってきたとき

妙に静まりかえった夜、朝起きたら雪が積もっていたとき

深夜だというのに満月のおかげで灯りがなくても街を歩けるとき


パステルカラーが似合う瞬間はあまり好きではないみたい(笑)
基本的にダークな世界の方が落ち着くから

***

明日は少し出掛けようと思います

パァーっとお金使ってみようか


素敵な週末を

では、また明日

おやすみなさい