緑の日々

小田さんとやまぴーと伊野尾クン たま〜に株の話。のつもりが只今脱線中。だからやっぱりこっちが本線。2016/9/29より毎日更新中。

草むしりで無の境地

f:id:yunawakuwaku:20180403220838j:plain

こんばんは


レックの「水の激落ちくん」って、マグカップの茶渋汚れがキレイに落ちるんですね。


f:id:yunawakuwaku:20180403220756j:plain


いつも酸素系漂白剤で漂白するのですが、試しに激落ちくんを使ってみたらスルンと落ちたので驚きました。

マグカップの茶渋がついた部分にシュッシュッと2回吹き付けて1分程置いてスポンジで軽めにこすったら落ちたんですよ。

レンジや冷蔵庫には使っているのですが、何故か食器には使ったことなくて。(漆器には使えないようです)

いやぁ〜〜感動ー。凄いですね!


感動ついでにレック(株)の株価を確認したら、なんと、今日もしっかり上がってるじゃありませんか。


本日の終値

3,985円、前日比プラス3.91%(+150)

がっちりマンデーで放送された当時の株価は3200円だったから785円も上がってますね。あらー!

レックの会長さんのエピソードに感動してたのに、何故買わなかったのかしら。


株といえば


今日は相当荒れるのでは?と思っていたけどそうでもなかったですね。

しかも、ワタシの持ち株はじげん以外はプラス引け。そう、じげん以外は。

毎日毎日、同じところを行ったり来たり、一体何日続けるつもりなの?ゆっくりでいいから上げてくれないかな。


明日の株式市場もどうなることやらですが、なんとなく、なんとなくですがうまくいきそうな予感がしています。


*****


◆今日のカレンダー

ーーーーーーー
勇気がもらえる145の言葉
Get Sports」編
ーーーーーーー
#127

『例えば善悪も生死も紙一重じゃないですか。いつも背中合わせにあるということですよね。その背中合わせの中心に《無》というのがあるんでしょうね。』


2005/3/13 「紙一重」
読売ジャイアンツ 桑田真澄
ーーーーーーー

【良いときと悪いときは背中合わせにある紙一重だからこそ、いつも大事に生きていきたい】

ーーーーーーー

無心とか無欲とか、

桑田さんは「無」という言葉にこだわっていますね。


「無」とは

ーーーーーーー

む【無/×无】
[名]
1 何もないこと。存在しないこと。「―から有を生ずる」⇔有。
2 哲学の用語。
㋐存在の否定・欠如。特定の存在がないこと。また、存在そのものがないこと。
㋑一切の有無の対立を超え、それらの存立の基盤となる絶対的な無。
禅宗で、経験・知識を得る以前の純粋な意識。「―の境地」

(出典:デジタル大辞泉)

ーーーーーーー


「無の境地」の意味は、何も意識しない状態だと思います。

自分が人間であることも忘れてしまったような、ただ呼吸をしているという状態。


そんな『無』の状態になるのはワタシの場合、すごく簡単です。

どうすればそんな状態になるのかというと


それは


草むしりをすること。


ホントですよ。経験ありませんか?


草むしりって精神修行にいいかも。

とにかく、集中します。没頭できます。何も考えない状態になります。タイマーをセットしておかないといつまでも作業を続けてしまうのです。

そして、草むしりが終わった後は頭がスッキリ。

抱えてる問題とか悩み、不安が軽くなる感じです。
対処の仕方が明確になるというか。

大げさに書いているわけではなく、ワタシの場合は草むしりの時間が必要なのです。定期的に…。


*****


お天気いいですね。気持ちいいです。

紫外線対策は万全ですか?日焼け止めに日傘に帽子。

メラニンもステインも要りませんね!


明日も元気にいってらっしゃい


では、また明日

おやすみなさい