緑の日々

小田さんとやまぴーと伊野尾クン たま〜に株の話。のつもりが只今脱線中。だからやっぱりこっちが本線。2016/9/29より毎日更新中。

自家製レーズン酵母(ストレート)でクロワッサン。バターの量は粉の40%。

f:id:yunawakuwaku:20190628234640j:plain

こんばんは


がっちりマンデー銘柄の極東産機《6233》を売却して違う銘柄に乗り換えました。

乗り換え銘柄は終値が買値プラス3円という非常に危険な感じなのですが、まぁこれもチャートの勉強ということで買ってみました。


超低位株も特に変わらずでホッとしています。

早く良いお知らせを。


ところで


癒しだったアンジェス《4563》は変わらず持ち続けています。

全然動かないけどいつか上がることを夢見て。下がれば買い増し。だって目標2000円(真顔)


来週は勝負の週になる?かな?


*****


さて


焼きました。

リベンジの自家製レーズン酵母でクロワッサン。


■材料 (お好きな個数適当に)


岩手県南部小麦 75g
薄力粉 50g
折り込みバター 50g (食塩不使用)
きび砂糖 大さじ1
塩 小さじ1/2
レーズン酵母液 75g


・バターの折り込みは三つ折り3回

・1工程ごとに冷蔵庫で30分休ませる

・二次発酵は室温(27度前後)で90分

・オーブンの余熱は天板も一緒に220度で


できあがり。


f:id:yunawakuwaku:20190628234207j:plain


断面。


f:id:yunawakuwaku:20190628234231j:plain


昨日よりふっくらしてるけど、この断面はクロワッサンというよりパンに近い。

バターの量をもう少し多くすればいわゆる蜂の巣のような断面のクロワッサンができるかも?

まぁ、断面はどうでも美味しければオッケー。


このクロワッサンは「サクッ」じゃなくて「バリッ」。中はもっちりと噛みごたえのあるクロワッサン。

空洞化したクロワッサンが好きではない人向けの配合です。



「クロワッサンは生地を冷やしながら」


だって二次発酵は横に広がらずでバターも溶け出すことはありませんでした。

昨日は冷たい台の上で折り込み作業をしたので大丈夫だろうと思い一気にやってしまったけれど、きちんと冷やしたほうがいいです。


そしてすもも酵母ですが、完成しました。


f:id:yunawakuwaku:20190628234058j:plain


酵母液の良い香りがたまりません。

すももは発酵力が強く4日間で完成。レーズン酵母液は入れていないのでまさにすももだけの力で酵母が起こせました。

オリはレモンに似てすごく白い。

自家製酵母を起こす秘訣は、最初の24時間は瓶のふたを開けないことだと思う。(雑菌の繁殖を防ぐため)


*****


もうこんな時間


今日はこのへんで



素敵な週末を


では、また明日

おやすみなさい